「次期社長」、「事業承継後間がない新米社長」が知って得する経理ノウハウ特集

知って得する経理ノウハウをまとめています。

 

このページに書かれた記事の内容に対するご質問やご相談を、いつでも受け付けております。

専用アドレス oosaka@tandr-mgt-consultant.com もしくは問い合わせページより、お気軽に問い合わせください。

 

長い時間待たせることなく、何度でもお答えします。 

 

 

 

 

 

◎経理に関する悩みを一度に解決する「クラウド型会計システム」

 次のようなことに悩んでいる会社が世の中にたくさんあります。

 

・会社の財務データをリアルタイムで知ることができない

  ☞会計事務所から月次や決算の資料をもらった後でしか結果を知ることができない

経理担当者の処理ミスに振り回されてしまう

・経理担当者に時間の余裕がなく新しいことを頼むことができない

・財務データのバックアップやセキュリティ対策が煩雑である

  

これらの悩みを一挙に解決するのが、クラウド型会計システムの導入と活用です。 

クラウド型会計システムとは、財務データをクラウド上に置いた状態で、会計ソフトを活用して経理業務を行う体制のことです。

 

これにより、次のような変化を生み出すことが可能となります。

 

★経営者や管理者が、クラウドにアクセスすることで、いつでも会社の経営に関する数字を知ることができ、素早く対策を打つことが

 できるようになる

★会計事務所も、いつでも会社の経営に関する数字を見ることができ、素早いアドバイスを行うことができる

★経理担当者が処理ミスを行った場合にも、経営者や管理者が気づくことが容易であることより、素早くミスを修正することができる

★外部のクラウドサーバーに財務データが保管されているため、データのバックアップやセキュリティ対策も万全になる

★ペーパレス化が図れる

ソフト上の付箋やメーリング機能により、電話やファックスで会計事務所に問い合わせる手間が省ける

 

そうなることで、経理業務に関する人件費コストが削減でき、さらに経営者や管理者が、必要な時に必要な判断を行うことができるようになることで業績の向上が実現されます

 

さらに、最新のクラウド型会計システムにはAI(人口知能)による便利な機能がたくさんあり、それらを使いこなすことで経理業務が楽になり、さらに精度が向上します

 

例えば、このような使い方ができます!

 

 ★インターネットバンキングからのデータ自動読み込み

金額だけに限らす、銀行通帳に記入される入出金先の名称などのデータも読み込んで、科目を自動的に判断し会計処理を行います。

(例)

銀行通帳 出金100,000円 シャカイホケンリョウ データ自動読み込み 法定福利費として会計仕訳処理

 

★領収書、請求書の読み込み 

スキャナー処理したPDFデータや画像データを読み込み、金額、日付に加えて電話番号等から科目を自動的に判断し会計仕訳処理を

行います。

画像読み込みはスマートホンから行うことも可能です。

 (例)

飲食費領収書 50,000 データ自動読み込み(電話番号から飲食店と認識) 交際費として会計処理

 

★クレジットカードやICOCA、nanacoなどのデータ自動読み込み

クレジットカードや各種決済サービスのデータ自動読み込みと会計処理が可能です。

 

★Amazon、ASKULなどのデータ自動読み込み 

各種SHOPINGサービスからのデータ自動読み込みと会計処理が可能です。

 

★Airレジやユビレジなどのデータ自動読み込み

レジシステムと連動させた自動的な会計処理が可能です。

 

れらの自動読み込みは学習機能を有しており、過去に処理したのと同じデータは同様に処理するので使い込むほどに精度が増します。

AIを利用した自動読み込み機能は、会計処理時間の短縮だけに限らず、会計処理ミスの防止にも寄与します。

クラウド型会計システムは簡易なものであれば、年間2万円程度で利用できます。               

 

 

 

◎経理業務のタイムロスをなくす方法

 経理担当者に時間の余裕がない原因は、至る所でタイムロスが発生しているからです。

  

T&Rマネジメントでは、状況を把握したうえで、経理業務のタイムロスをなくす方法を提案いたします。

  

例えば……

  

1.ネットバンキングを活用する

 経理担当者は、支払いなどのために毎月何回か銀行の窓口に足を運びますが、移動時間や現場での待ち時間が、馬鹿にできないほどの

タイムロスにつながっています。

それを解決するのに有効なのが、わざわざ銀行まで足を運ぶ必要がなく、且つ待たされることのないネットバンキングの活用です。

 種手数料も、銀行の窓口やATMと比較して安く設定されています。

  

2.現金取引を縮小させる

中小企業に関しては、経理処理の3割程度が現金取引にて行われています。

その割合を減らすことで、現金を取り扱うことによるタイムロスを減らすことができ、現金が合わないというトラブルの防止にもつなが

ります。

新聞購読を自動引き落としにする、接待費をカード支払いにすることなど、やれることはたくさんあるはずです。

T&Rマネジメントでは、クラウド型会計システムの導入から活用、活用後の経営改善、経理業務の最適化まで、

トータル的なサポートをさせていただきます。